1. HOME
  2. 事業案内
  3. 一般住宅
  4. “夢の住まい”のことをできるだけ多く語ってください。

一般住宅

一般住宅

“夢の住まい”のことをできるだけ多く語ってください。

家ができるまでは、大まかに「打ち合わせ」→「設計」→「施工」ということになりますが、わたしたちがいちばん大事しているのは「打ち合わせ」です。

「こんなカタチの屋根にしたい」「間取りはこんなカンジ」・・・。お客様は自分が望む“夢のマイホーム”の姿を明確にもっています。

わたしたちが考える住まいづくりの基本は、事前の打ち合わせでお客様が想い描いていることを、可能な限り多く、できるだけ細かくお聞きすることです。

間取り、動線、住宅設備、外観や内観のデザインはもちろんですが、壁の手触りといった感覚的なことも話し合います。

間取りに関しては、家族構成と今後の予定をうかがうことも重要です。お客様の家族がどのように変化していくのかを想定して、将来を見越した部屋のカタチや広さを決めていきます。

動線は基本的にお客様の日常の行動パターンを優先しますが、建ててから問題になることもあるので、プロとしての判断と指摘も重要です。

お客様がすべての面で納得できる家に住んでいただくために、わたしたちは打ち合わせの時間を惜しみません。

ですから、事前の打ち合わせが半年にもおよぶことも少なくないのです。その結果、新しい家に住み始めるやいなや、「前から住んでいたような気がする」とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

お互いが真剣に向き合った長時間のコミュニケーションが、お客様の夢を限りなく忠実にカタチすることができるのです。